Design a site like this with WordPress.com
Get started

ぐるっとヨーロッパ(9): ロックでチークダンス?

夕食後、ブランコの誘いで、サーシャ、スーザンたちと一緒に歩いてすぐのディスコへ。人口1万ちょっとのフォトグですが、何とディスコがあるのです。

金曜日の夜とあってディスコは賑わっていました。客のほとんどがティーンエイジャー、真面目な(?)彼らが手にしているのは、酒ではなくソフトドリンクのようです。ダンスフロアは日本と同じくギラギラの照明と大音量のビートが効いた音楽。

大きな違いが一つ、全員が全員肩に手をかけ腰に手を回し、体を寄せ合ってチークダンスを踊っているのです。

ブランコもスザンナと踊り始めました。[誘われて来たものの、若い子ばっかりだよ。俺には場違いだナ]しばらくして戻ってきたブランコに大声で聞いてみました。

「日本じゃ~、チークタイム~というのがあって~、静かな音楽に~変わると~、チークダンスが~始まるんだけど~ッ」
「へぇ~、そうなのか~。ここでは~これが~普通だよ~」
「だって~あんな音楽じゃ~、踊りにくいだろ~??」
「関係ないよ~ッ、それより~誰か相手を~探せよ~」
「俺か~? 俺はいいよ~、気にするな~ッ」

踊りに戻ったブランコとスーザンを見届けると、隣でダンス相手を物色中のサーシャに「外で~タバコを~吸ってくるよ~」と告げ、表へ出ることにしました。

店内の音楽がかすかにもれています。私は入り口近くに座るとタバコを一服。[あの音楽でチークダンスとはな、平和なんだな。まあ、チトー大統領が死んでも変わらないっていうことか]

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
close-alt close collapse comment ellipsis expand gallery heart lock menu next pinned previous reply search share star