Design a site like this with WordPress.com
Get started

ぐるっとヨーロッパ: West Germany(42) デンマークへ

ハンブルクは街自体が一つの独立行政区ですから市街地を抜ければ、そこはもう別の自治区シュレースヴィヒ=ホルスタイン州になります。西ドイツ最北の州でデンマークと国境を接しています。乳牛ホルスタインはこの地名に由来しています。

シュレースヴィヒ=ホルスタイン州は小さな州です。2、3日走ればデンマークへ入国できるはずです。まずは州都 Kiel(キール)目指して4号線を北上。

途中の街でタイヤ、トウクリップそして手袋を購入。スイスで自転車屋のハイツマンさんにタイヤとトウクリップは貰ったのですが、スイス一周そして西ドイツ縦断と思いのほかタイヤの減りが速かったようです。トウクリップは走行中のミスで破損していました。

3点合計で約5,000円、早速新品に交換です。

キールの街の手前、地図にはHolsteinische Schweiz(ホルスタイン・スイス)の表記、大小無数の湖があります。そんな中の一つ Einfelder See(アインフェルダー湖)の湖畔でこの日はキャンプとなりました。

ハンブルクでは夜の街に頭がいっぱいで感じていませんでしたが、タバコを止めてこの日が3日目、イライラしている自分がわかりました。どうにも体がニコチンを欲しているようです。

テントの中で横になってもなかなか寝つかれません。しまいには起き出してビールを飲みだす始末です。

キールの街から道は76号線に変わり、そのままデンマークとの国境へとつながっています。街外れで川を渡りました。

標識に Nord-Ostsee Kanal とあります。[カナルか、川じゃなくて運河なんだ]Nordsee は北海、Ostseeはバルト海。デンマークとともに形をなすユトランド半島のつけねを縦断する「キール運河」です。

道中、平坦な道がずっと続いています。山どころか視界の中には丘すらありません。ひたすら走行距離を伸ばしていきます。この日は76号線から外れて名もない湖でキャンプとなりました。

この辺りは地図に Angeln(アンゲルン半島)とあります。イギリスに渡ったアングロ人の故郷です。

夜中に腹痛で目が覚めました。あわててテントを飛び出し用を足しました。下痢です。原因は昼間に水を1リットル、ジュースを1リットルそしてビールを1リットルと水分の取りすぎです。

タバコを止めてから走りの休憩中も手持ち無沙汰、イライラも加わりついつい飲み物に手が伸びていました。

落ち着いたのもつかの間、再び腹痛です。再びあわててテントから飛び出しました。午前1時になろうとしています。[明日はデンマークなんだから頼むよ。何とかおさまってよ]ボヤキともに反省しきりです。

それでも「タバコは止めてもビールは止めない」それが結論(?)でした。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
close-alt close collapse comment ellipsis expand gallery heart lock menu next pinned previous reply search share star